2009年07月

2009年07月31日

遠くを見るのが基本

近視の予防と言えば、遠くを見るのが基本ですよね。
眼は悪くないのですが、歩いているときとかは、なるべく遠くを見るようにしています。

仕事でパソコンのモニターとにらめっこばっかりしてたら、いわゆるピントフリーズ現象っていうのになっちゃいますからね。

小さい子供の場合は、テレビゲームでしょうね。
DSとか、電車の中でずっとやってる子とかよく見かけます。


外で子供が遊んでると思ったら、みんなゲーム持ってて、通信対戦してたりなんてのも本当にありますからね。

眼鏡をかけている子供が増えるのもしょうがないかと思っちゃいますね。
でも、子供の場合は、仮性近視っていう、ピントフリーズ状態になってるだけっていうか、まだ筋肉がどうにかほぐせるって場合が多いみたいです。
だから、短期間の視力回復のトレーニングを正しくするだけで、治ったりするみたいです。

筋肉の問題なので、視力回復は、サプリや目薬よりもトレーニングが効くんですね。ストレッチというか、視力を回復する体操・眼球運動ってことなんですけど。

視力回復トレーニングは幼児・子供のうちにってことです。
親が気をつけてあげないといけませんね。


web1234 at 遠くを見るのが基本01:13 
そういえば 

2009年07月29日

藤田寛之 全米プロゴルフ選手権出場

竜巻の被害がかなり取り上げられているらしいですね。
それはさておき、私がひっかかったゴルフの話題について書いてみようと思うので、よかったらちょっとだけお付き合いください…

先週開催の「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」で今季初優勝を挙げた藤田寛之に、朗報が飛び込んできたそうです。
世界ランキングが111位から82位に浮上!
アメリカ男子メジャー「全米プロゴルフ選手権」への特別招待枠による出場が決まったそうです。
昨年に続き2年連発の出場となり、05年の「全英オープン」から3度目のメジャーチャレンジとなるとのこと。
何というか、小説みたいな話みたいですが、こういった話って現実にあるんだなあ…。

プロゴルファーになるには、小さな頃からやってないと厳しいみたいですけど、ゴルフの素振りを100回するより、タオル素振りっていうのがいいっていう話です。^^

やわらかいタオルをちゃんとスイングできるようになれば、うまくなるってこと。


web1234 at 藤田寛之 全米プロゴルフ選手権出場21:02 
おもいつき 

2009年07月13日

遠くを見て目のストレッチ

視力を回復させる(近視の回復)には、近くと遠くを交互に見るといいようです。
テレビで、近づいてきたり、離れたりするモノをしばらく見てるっていうマシーン?を見たことがあります。

それ以来、外を歩いてるときは、遠くを見たり、近くを見たりしてます。^^

子供・幼児の仮性近視治療・回復トレーニングというのがあって、いわゆる軽い近視であれば、けっこうすぐに治ってしまうとのこと。
子供のうちに気をつけておくのは大事ですね。

あと、視力のほかには、いわゆる無呼吸も気になっています。
無呼吸症候群の治療法は、いびきを治すってことでもありますし、なにより息が止まってるって、こわいじゃないですか。
しかも、自分では確認できない…。

うーん、気をつけることが多すぎるよなあ。



web1234 at 遠くを見て目のストレッチ15:12 
おもいつき 

2009年07月03日

あこがれの変化球

本格的なカーブやフォークが投げてみたいと思ったことって、男子ならありますよね。^^
遊びだと、誰も教えてくれませんが、野球の変化球の投げ方を動画DVDで見てみたいっす。
ぜんぜんわからない。というか、周りに投げられる人がいない…。

正しい投球フォームによる変化球の投げ方DVDがあるので、その中で野球の投げ方の基本動画(ストレート・カーブ)などを見るのはたいへん勉強になりますね。

適当に投げて、
「今、まがったっぽくね?」
とか言ってるのも、楽しいっちゃ楽しいんですけどね。^^

web1234 at あこがれの変化球11:08 
なんとなく。