2009年08月12日

受験も結局暗記力

いくら勉強ができるっていうことと、暗記できるってことが別だと言っても、受験はどれだけのことを覚えられたかが大きいと思う。

右脳開発なんていうのもあるし、子供のうちに脳の潜在能力引き出し、開花させれば、人よりもいろんな可能性のある人生が待っているかもしれない。

連想脳による記憶法、記憶術をマスターすれば、高校の世界史や地理などの暗記ものの勉強法としても有効だし、それこそ世界史・歴史の勉強を暗記術で大学受験なんてことも。

人間は脳をまだまだうまく扱えていないとすれば、そういった扱い方のコツを知っている人ほど、有利にことが運べるといえる…。

「暗記力を上げる方法:テスト勉強に記憶術」なんていうのもそのうち必須科目になるのかもしれないと、なんとなく思った。



web1234 at 受験も結局暗記力17:42 
おもいつき